アルツハイマーの発症を食い止める!食べ物から考える将来の病気

婦人

自身に合うものを使用

薬膳

女性の誰もが経験をする症状の緩和には漢方が人気です。その理由としてホルモン療法に抵抗がある人や、漢方が更年期対策を得意としている点が挙げられます。漢方を取り入れる時の注意点は自身の体質にマッチしたものを選択しないと働きを感じられないからです。

詳しくはこちら

トータルで見る食事内容

ファミリー

噛む力も脳を刺激

アルツハイマー型認知症の場合、脳内では神経細胞にシミのようなものや、神経原線維変化などの病的変化が見られるのが特徴です。発症し、進行を進める要因となるアミロイドβたんぱくを溜めやすくしてしまうのが、生活習慣病や睡眠不足、ストレスなどです。ですが、要因には脳の神経細胞を衰えさせてしまう食に関する内容も報告されており、積極的に摂取したい青魚にはDHAやEPAが豊富で、野菜や果物にはβカロテンやビタミン類が含まれているため、予防に繋げられます。ここでの注意点となるのが、噛む力の低下によって脳の神経細胞の衰えに繋がってしまい、発症リスクに結び付けてしまいやすいため、歯応えのある食事に切り替え、噛む力を向上させることも大切になります。

有意な効果が出た地中海式

認知症とアルツハイマー病は似て非なるものとされており、認知症は何らかの原因で脳の神経細胞が損傷してしまい、記憶力や判断力の低下を招き、日常生活や社会生活に支障が出る状態を指しています。原因には、動脈硬化による脳血管疾患などが考えられるものの、アルツハイマー病も原因の1つに挙げられている研究結果もあります。発症する経緯も明らかになりだし、アルツハイマー病発症患者は、65歳以上の認知症患者の約7割であり、この病気を遠ざけることが必然的に認知症までも大きく減らせる結果に繋がると考えられています。食事から予防する考えが提案されていますが、参考にしたいのが地中海式であり、機能低下の抑制を示す研究結果までがあります。コレステロールに気をつける必要があるものの、オリーブオイルと地中海食を摂取することにより、心血管疾患のリスクが減らせるため、適度に摂取することも重要視したい内容です。

精神状態に影響を及ぼす

女性

女性の45歳から55歳ころに発症する更年期障害は自律神経失調と精神症状が併せ持った病気の一つです。薬で闇雲に治そうとすると逆に悪化させる危険性が伴うため、必ず病院で医師の診断を受けたうえで処方してもらうことが大事です。

詳しくはこちら

有効な5つの成分を摂ろう

カプセル

更年期の女性は5つの成分をサプリメントで毎日摂り、不快な更年期障害の症状を緩和させることが重要です。大豆イソフラボンやポリフェノール、ザクロ、ビタミンB1、ビタミンDの5つの成分が、更年期の女性が摂りたい成分です。

詳しくはこちら